使い方別の活用シーン

プロジェクト管理

開発設計から構築、リリースまでの各工程管理で必要な機能を搭載。

01

ガントチャートでプロジェクト全体を一目で把握

プロジェクトの全体像を一望できるガントチャートで、タスクの進行状況を直感的に把握。各メンバーの担当タスクが明確になり、誰もがプロジェクトの進捗をリアルタイムで追跡できます。

02

カンバンボードで直感的に課題の状態を変更

課題のカードをドラッグ&ドロップすることで、直感的に課題の状態を変更できます。優先順位の変更や急なタスクの追加がスムーズに行え、柔軟なプロジェクト管理が可能になります。

03

プロジェクトメンバーの権限を適切に管理

社内メンバーから代理店や取引先まで、ひとつのスペースで情報共有や作業ができます。スペースの管理者は各ユーザーに適切な権限を振り分け、誰がプロジェクトにアクセスし、どのような操作を行えるかを細かく管理できます。

使い方や導入に関してご不明な点がございましたら、
お気軽にご相談ください