親子課題

複数人で対応する大きな課題も効率的に進捗管理

一つの大きな課題を複数の子課題に分割し、それぞれに担当者や期限を設定することで、作業を分担したり、課題の進捗状況を分かりやすくすることができます。

親課題と子課題5つが表示されている画面

親子課題でできること

一つの課題から関連性の高い作業に細分化し、まとめて管理できる

作業工程が分かれていたり、カテゴリーごとなど、関連性の高い課題をまとめて子課題として管理することでマネジメントコストを下げられます。

親課題と子課題5つが表示されている画面

子課題をまとめて操作できる

子課題をまとめて操作できるので、状態の変更など更新がスムーズに行え、業務を効率化できます。

複数の課題を選択して状態を変更している様子

ガントチャートで表示できる

ガントチャートでは、親子課題をグルーピングして表示することができるので、親子課題ごとの関連性とスケジュールを把握できます。

複数の課題のガントチャートを表示している様子

チームで使えるプロジェクト・タスク管理ツールならBacklog

Backlogで業務を見える化して、チームの生産性を上げましょう