簡単ガントチャートでプロジェクト管理をスムーズに 簡単ガントチャートでプロジェクト管理をスムーズに

簡単ガントチャートで
プロジェクト管理をスムーズに

イメージ:簡単ガントチャートでプロジェクト管理をスムーズに イメージ:簡単ガントチャートでプロジェクト管理をスムーズに

進んでるね!でチームは進む

ベンチャー・大企業・自治体まで
幅広いチームに選ばれています

our Clients

  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム
  • ロゴ:チーム

無料で試してみる

無料でBacklogを試してみる

Backlogのガントチャート
3つのメリット

01
プロジェクト管理機能

見やすいガントチャートが
自動で生成

タスクに開始日・終了日・担当者を登録するだけで、
見やすいガントチャートが簡単に作成できます

02
チームのタスク管理機能

操作が直感的で カンタン

ドラッグ&ドロップだけでスケジュールの変更ができます

03
チームのコラボレーション機能

大規模プロジェクトでも
使いやすく

カテゴリごとにガントチャートをグルーピングできるので、
プロジェクトの全体像が把握しやすくなります

そのプロジェクト
ガントチャートでスムーズ
にしませんか?

プロジェクトの納期がひと目で分かる

だから、関係者にスケジュールを共有しやすい01

ガントチャートではそれぞれのタスクにも完了日を設定するので、プロジェクト全体の納期も一目でわかります。プロジェクトのメンバー同士だけでなく、クライアントにどこまでプロジェクトが進行しているのかも伝えやすく、多くの関係者と納期を共有できるメリットがあります。

開発タスクやファイル、プロジェクト進捗を一元管理
プロジェクトの進行状況がわかる

だから、進行遅れの把握や変更の判断が素早くできる02

プロジェクトには複数人が関わっていますが、ガントチャートを導入すれば自分のタスク管理だけでなく、他のメンバーの進行状況も確認出来ます。他のメンバーの進行状況をプロジェクトマネージャーが把握できるので、プロジェクトが順調に進んでいるか判断し、必要に応じた計画変更や調整がしやすくなるのもメリットのひとつです。

ソースコード管理やGitでバージョン管理も可能
ファイル共有やコミュニケーションも一緒にできる

だから、チームワークでプロジェクトがスムーズに進む03

ファイル共有やコメント機能を利用すれば、プロジェクトマネージャーからメンバーへファイルを楽に共有することや、メッセージによる指示出し、フィードバックなどのコミュニケーションが可能です。

バグの管理や追跡にも

導入企業様の

  • Backlogを社内のシステム基盤とすることで、部署間の連携を促進
    株式会社アダル 様

    Backlogを社内のシステム基盤とすることで、部署間の連携を促進

    業種

    業務用家具メーカー

    利用部署

    IT事業室、経営企画室、企画開発室、営業本部(広報 / PR、アートディレクター、プロダクト制作、セールス)

    導入効果

    エクセルの工程表からBacklogに切り替えられたことで、日々のメールリレーの効率化を実現。会議の時間も1時間から15分へ短縮。

  • 選んだ理由は「やさしい操作性」と「情報の引き継ぎやすさ」
    A&A法律事務所 様

    選んだ理由は「やさしい操作性」と「情報の引き継ぎやすさ」

    業種

    士業

    利用部署

    法務顧問先企業の営業部門・管理部門と利用

    導入効果

    依頼内容の確認や、やり取りの把握などのレビュー前後の事務連絡が3割以上も削減

  • 経済産業省 様
    経済産業省 様

    課題管理やWBSを代替することで、事務作業が3分の1削減

    業種

    官公庁

    利用部署

    経済産業省、中小企業庁、資源エネルギー庁

    導入効果

    課題管理表のフォーマットを標準化し、ファイル管理の手間も省けたことにより、事務作業の時間が1週間で90分削減できた。ベンダーとのコミュニケーションもスムーズに。

  • Backlogはチームで共有できる“デジタルふせん”テレワークでも柔軟な業務を実現
    株式会社リザーブリンク 様

    限られたリソースで業務効率化を実現

    業種

    IT・通信

    利用部署

    技術開発セクション、コーポレートセクション

    導入効果

    業務を可視化することで過去の情報を検索する時間が無くなり、入退社処理の管理コストを50%削減

正式導入までの流れ

  • STEP
    01

    30日間のお試し利用

    無料トライアルの
    お申し込み

    トライアル中も申し込みプランの全機能がご利用いただけます。

  • STEP
    02

    サポートも充実

    チーム内で
    お試し利用

    無料の操作説明会や個別相談を実施していますので、安心してトライアルを開始していただけます。

  • STEP
    03

    ご契約

    お支払い情報の登録

    無料トライアル中、もしくはトライアル終了後にプランと支払い方法を選択していただきます。

  • STEP
    04

    Welcome

    正式導入の完了

    いよいよ正式導入へ。無料トライアル中のデータは引き続きご利用いただけますのでご安心ください。

料金プラン

チームの規模や用途に合わせてお選びください

プラチナ

中〜大規模のチーム向け

より高度なセキュリティや
サポートで管理する

¥ 55,000/月

プレミアム

小〜中規模のチーム向け

社内に加え社外とも
スムーズにタスクを管理する

¥ 21,780/月

スタンダード

個人〜小規模のチーム向け

少数のチームで初めて
プロジェクト管理を始める

¥ 12,980/月

ユーザー数

無制限

無制限

無制限

プロジェクト数

無制限

無制限

100

ストレージ

300GB

100GB

30GB

1つの課題に
添付できるファイル

50個まで
1ファイル10MB以下

50個まで
1ファイル10MB以下

30個まで
1ファイル10MB以下

1つのwikiに
添付できるファイル

50個まで
1ファイル10MB以下

50個まで
1ファイル10MB以下

30個まで
1ファイル10MB以下

アクセス制限(IP制限)

無制限

100個まで

50個まで

プレミアムプランに
以下がプラス

アクセス制限(IP制限):無制限

アクセスログの提供

セキュリティチェックシート

スタンダートプランに
以下がプラス

セキュリティチェックシート(有料)

カンバンボード

親子課題

Wiki

ファイル共有

Git / Subversion

モバイルアプリ

メール/チャットサポート

ガントチャート

バーンダウンチャート

課題テンプレート

プラチナ

中〜大規模のチーム向け

より高度なセキュリティや
サポートで管理する

¥ 550,000/年

プレミアム

小〜中規模のチーム向け

社内に加え社外とも
スムーズにタスクを管理する

¥ 217,800/年

スタンダード

個人〜小規模のチーム向け

少数のチームで初めて
プロジェクト管理を始める

¥ 129,800/年

ユーザー数

無制限

無制限

無制限

プロジェクト数

無制限

無制限

100

ストレージ

300GB

100GB

30GB

1つの課題に
添付できるファイル

50個まで
1ファイル10MB以下

50個まで
1ファイル10MB以下

30個まで
1ファイル10MB以下

1つのwikiに
添付できるファイル

50個まで
1ファイル10MB以下

50個まで
1ファイル10MB以下

30個まで
1ファイル10MB以下

アクセス制限(IP制限)

無制限

100個まで

50個まで

プレミアムプランに
以下がプラス

アクセス制限(IP制限):無制限

アクセスログの提供

セキュリティチェックシート

スタンダートプランに
以下がプラス

セキュリティチェックシート(有料)

カンバンボード

親子課題

Wiki

ファイル共有

Git / Subversion

モバイルアプリ

メール/チャットサポート

ガントチャート

バーンダウンチャート

課題テンプレート

※5プロジェクト30ユーザーまでのスタータープラン(¥2,640/月)もご用意しています。 30日間の無料トライアルはこちら
※Nulab Pass(有料)で、下記機能を導入できます。
・SAML認証:お使いのIDプロバイダー経由でBacklogのアカウントを認証できます。
・監査ログ:組織内のBacklogユーザーの操作内容を記録情報としてダウンロードできます。

エンタープライズ

社内規定によりASPサービスがご利用いただけない方、ファイル容量を無制限でご利用したい方のために、お客様のサーバにインストールしてご利用いただけるライセンスをご用意しています。

よくあるご質問

お申し込みに関すること

Q無料トライアル開始までの流れを教えてください

プランを選択してフォームに情報を入力すると、すぐにBacklogの30日無料トライアルが開始されます。無料トライアル中、もしくは無料トライアル終了後にプランや支払い情報を登録してご契約開始となります。なお、無料トライアル中でもお申し込みいただいたプランの全機能が使えますので安心してお使いください。

Q見積書は発行してもらえますか?

1. 新しくスペースを契約する際のお見積もりが欲しい場合
プランと料金のページのお支払い料金シミュレーションよりお見積書をダウンロードしてください。お見積書は電子ファイル(PDF)での発行となります。郵送は承っておりません。

2. ご利用中のプランの更新時のお見積もりが欲しい場合
請求内容については、組織設定のプラン画面の最後の請求書/領収書から金額等をご確認ください。ダウンロードできるお見積書のご用意はございません。

3. ご利用中のプランを変更する際のお見積もりが欲しい場合
ご利用期間やお支払い方法、プランを変更する際のお見積書がご入用の場合、お問い合わせフォームまたはLive Chatよりご連絡ください。

2営業日以内に発行の上、お送りいたします。お見積書は電子ファイル(PDF)での発行となります。郵送は承っておりません。

Q納品書や発注書などの発行はしてもらえますか?

納品書や発注書など特別な書類へのご対応は行っておりません。請求書などは Backlog もしくは Nulab Appsの管理画面からダウンロードできます。お客様側にて必須となる書類の場合、1回 11,000 円(税込)でのご対応となります。なお、個別の契約書に関しては、有料でも承っておりません。

Q個別にNDAなどの契約書を取り交わすことはできますか?

個別のNDA、機密保持契約書、業務委託契約書、覚書などの締結は行っておりません。

ご契約・請求に関すること

Q対応している支払方法を教えてください

ご利用料金のお支払いは、「銀行振込」・「クレジットカード」のいずれかがご利用いただけます。銀行振込でのお支払い希望の方は、3ヶ月分、6ヶ月分、12ヶ月分のいずれかの一括払いとさせていただきます。(振込手数料はお客様のご負担でお願いいたします。)
クレジットカードのお支払い希望の方は、1ヶ月分、12ヶ月分のいずれかの一括払いとさせていただきます。

Q料金は一人当たりですか?

スタータープランですと30人、それ以外のプランですとユーザー数に制限はございません。 追加料金なしで多くの方とお使いいただけます。

Q料金ページに書かれてある料金の他に支払うものはありますか?

お支払い金額は、料金ページに書かれてある金額のみで、初期費用など一切かかりません。有料オプションを申し込んだ場合は別途プラスで料金がかかります。

Q契約期間の途中でもプラン変更はできますか?

プランはいつでも変更をお申し込みいただけます。

アップグレード
プラン適用:即日
料金変更:即日
支払期日 :お申し込み日が 14日までなら翌月末、15日以降なら翌々月末まで
ダウングレード
プラン適用:次の利用期間の開始日
料金変更:次の利用期間の開始日
支払期日 :現在のご利用期間最終日

Q無料トライアル中に解約することはできますか?

可能です。
組織設定 > 組織詳細の画面にて、組織を削除してください。組織を削除するとすべてのデータが削除されるため、トライアル期間が残っていてもBacklogを利用できなくなります。

Q契約期間中に解約した場合、返金はありますか?

返金対応はございません。

Backlogに関すること

QBacklogの動作環境を教えてください

ウェブブラウザ
Windowsの場合

Windows 8, Windows 10, Windows 11で動作します。

  • Microsoft Edge最新版
  • Mozilla Firefox最新版
  • Google Chrome最新版
macOSの場合

macOS(最新版の1世代前まで)で動作します。

  • Apple Safari最新版
  • Mozilla Firefox最新版
  • Google Chrome最新版
モバイルアプリ

Android / iOS アプリでのみ動作確認を行っております。モバイルブラウザでは動作確認を行っておりませんので、一部の機能をご利用いただけないことがあります。

iOSの場合
  • iOS 13.0以上
  • Backlogアプリに対応
Android OSの場合
  • Android 7.0以上
  • Backlog アプリに対応
バージョン管理クライアント(バージョン管理をお使いの場合のみ)
  • Git 1.7.10以上(Gitを使用する場合のみ必要です)
  • Subversion 1.7以上(Subversionを使用する場合のみ必要です)
その他
Microsoft Excel 2010以上(課題の検索結果エクスポートExcelを開くため)

Q障害対策としてのデータの保護・保管について教えてください

お客様の情報、認証情報等の管理体制の強化につとめております。お客様の情報は、ハードウェア障害などへの対応時を除き、お客様のみアクセス可能となっております。お客様からご依頼があれば、お客様が登録された情報を全てすみやかに削除いたします。

万一のサーバ・データ領域の障害に備え、過去30日間のデータを復元できるように、下記のとおりの対策を行っております。

データベース
常時別のデータセンターへレプリケーション
1日に1回データ領域のバックアップ(30回分保管)
共有ファイルと Git、Subversion
1日に2回データ領域のバックアップ(60回分保管)
バックアップデータの保管について
データ領域のバックアップは、AWS内の高可用性・高耐久性ストレージに保管しています。万一データ領域に関する障害が発生した場合は、上記バックアップよりサービスの復旧をします。

Qインストールして使うオンプレミスバージョンはありますか?

社内規定によりASPサービスがご利用いただけない方や、ファイル容量を無制限でご利用したい方のために、お客様のサーバにインストールしてご利用いただけるライセンスを用意しています。

詳しくはこちら

Q他の管理ツールからBacklogへデータを移行できますか?

  • Redmine からの移行ツールは公式版をご用意しております。
  • Jira からの移行ツールは公式版をご用意しております。


上記の公式ツールはRedmineの場合、RedmineとBacklogのAPI、Jiraの場合、JiraとBacklogのAPIを使用してデータを移行しております。同様に移行元の管理ツールのAPIと組み合わせて、お客様ご自身で移行ツールを実装していただくことは可能です。

BacklogのAPIにつきましては、こちらをご参照ください。

QBacklog上のデータをダウンロードしてバックアップできますか?

データを一括でバックアップしたい場合は、有料オプション「スペースデータのバックアップ55,000円(税込)」をお申し込みください。

課題とコメントを保管する場合
課題の検索で、検索結果をCSV形式でダウンロードしていただくことができますのでご利用ください。Excel形式でのダウンロード機能もありますが、Excelの制限に「セルが含むことができる合計文字数」がございます。課題詳細やコメントの文字数が大きな場合はCSV形式でのダウンロードをおすすめします。
共有ファイルを保管する場合
WebフォルダやFinderからダウンロードできます。
Gitを保管する場合
Backlogに保管されているGitリポジトリを全てgit cloneしてください。
Subversionを保管する場合
Subversionのリポジトリのエクスポートサービスはありますか?の手順で、エクスポートいただけます。

Q有料オプションは何がありますか?

下記項目をオプションにて承っております。ご相談はこちらから。

  • スペースデータのバックアップ:55,000円(税込)
  • スペースIDの変更:11,000円(税込)
  • Subversionリポジトリのインポート:33,000円(税込)
  • セキュリティチェックシートへの回答:個別ご相談

Q問い合わせ先と対応時間を教えてください

Backlogのサポートの対応時間は以下の通りです。

メールサポート(受付窓口はこちら
平日(月曜日〜金曜日)10:00~16:00
チャットサポート
平日(月曜日〜金曜日)10:00~17:00

※いずれも、祝日や年末年始・夏季休業期間は除く
※チャットサポートは、スペースオーナー・契約管理者・管理者のみご利用できます

上記の対応時間外にいただいたお問い合わせにつきましては、内容を確認し、翌営業日中にお返事いたします。

プラチナプラン・プラチナクラシックプランをご利用のお客様にはプライオリティサポートを提供しております。