Googleスプレッドシートから、Backlogの課題を手軽に一括登録!

みなさん、こんにちは。ヌーラボ京都の小久保です。京都と言いつつ、この記事は名古屋の自宅で書いています。
今回のリリース情報は、ふだんからBacklog使う機会が多いチームにとって朗報です!

Backlogの課題を一括登録!

Googleスプレッドシート(Google Sheets)に入力した内容をもとにBacklogの課題を一括で登録できるようになりました。

情報を入力したスプレッドシートのメニューバーに表示された「Backlog」メニューから、たった2ステップだけでBacklogに課題が一括登録できます。

一括登録で便利になるケース

  • プロジェクト立ち上げ時に定形タスクを複数登録している
  • 保守運用で定期的に同じ課題を複数登録している

ほかにも、事務作業で毎月同じ内容の課題を登録したりなど、決まったタスクを繰り返し登録する作業がとてもかんたんになります。

課題一括登録でできること

  • GoogleスプレッドシートからBacklogの課題を一括登録できます
  • 親子課題の設定も可能です
  • カスタム属性(※)にも対応しています

※プレミアムプラン以上

制限事項

BacklogにIPアドレスによるアクセス制限を設定している場合、本機能はご利用いただけません。

さっそくつかってみる

こちらに実際の使い方を記載しています。
https://github.com/nulab/backlog-bulk-issue-registration-gas/blob/master/README.md
どうぞご利用ください!

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル