SREの活動事例紹介 〜 Backlogのマイクロサービス化に向けた課題検索機能のリプレイス

SREの活動事例紹介 〜 Backlogのマイクロサービス化に向けた課題検索機能のリプレイス

BacklogのSREを担当しているmuziです。 今回の記事では、ヌーラボにおけるSREの活動事例として、Backlogの課題検索機能のリプレイスプロジェクトについてご紹介します 続きを読む»»

BacklogのGitを快適に使用するコマンドラインツール「gitb」(ギットビー)のご紹介

BacklogのGitを快適に使用するコマンドラインツール「gitb」(ギットビー)のご紹介

BacklogのGitを快適に使用するコマンドラインツール「gitb」(ギットビー)をご紹介します。 要約 gitbコマンドは、Backlogが提供するGitに関連する操作を補助す 続きを読む»»

4年続いた長期プロジェクトを効果的に“ふりかえる”ためにBacklogチームがやったこと【Backlog Play化プロジェクト】

4年続いた長期プロジェクトを効果的に“ふりかえる”ためにBacklogチームがやったこと【Backlog Play化プロジェクト】

こんにちは、Backlogチームの小久保です。Backlogチームでは、約4年続いたBacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトに 続きを読む»»

約4年続いた長期プロジェクトに途中参加して学んだ反省と教訓【Backlog Play 化プロジェクト】

約4年続いた長期プロジェクトに途中参加して学んだ反省と教訓【Backlog Play 化プロジェクト】

こんにちは。Raspberry Pi4でようやくギガビットLANにネイティブ対応したことにテンションが上がっているBacklog開発チームの佐藤です。 ヌーラボでは2015年11月 続きを読む»»

SREは大規模なリプレイスプロジェクトで発生した様々な問題にどう取り組んだか【Backlog Play 化プロジェクト】

SREは大規模なリプレイスプロジェクトで発生した様々な問題にどう取り組んだか【Backlog Play 化プロジェクト】

Backlog SREチームのmuziです。2018年4月から2019年7月まで、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行する大規模なリプレイ 続きを読む»»

JVM上で動くWebアプリケーションがリソースを食いつぶす原因を探るためにやったこと【Backlog Play化プロジェクト】

JVM上で動くWebアプリケーションがリソースを食いつぶす原因を探るためにやったこと【Backlog Play化プロジェクト】

ヌーラボでScalaを書くRubyistの谷本です。ヌーラボでは、Backlogの開発を担当しており、最近ではBacklogをJavaからScala / Play Framewor 続きを読む»»

Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】

Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】

ヌーラボの江口です。約8年間Backlogの開発を担当しており、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトには最初から最後まで関 続きを読む»»

開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ “7つの取り組みと反省”【Backlog Play 化プロジェクト】

開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ “7つの取り組みと反省”【Backlog Play 化プロジェクト】

ヌーラボの松本です。「Backlog Playプロジェクト」に2017年2月から途中参加し、プロジェクト解散の2019年7月までメンバーの一員として動いていました(プロジェクトの概 続きを読む»»

時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】

時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】

ヌーラボの松浦です。私がSREのエンジニアリングマネージャーとしてプロジェクトのサポートに携わっているプロジェクト管理ツールのBacklogは、2019年7月にJavaからScal 続きを読む»»

人類はもっと図を描くべきだ〜プロジェクトに役立つ図の使い方

人類はもっと図を描くべきだ〜プロジェクトに役立つ図の使い方

仕様や画面は現行バージョンと異なる可能性があります。Backlogの最新版についてはこちらからご確認ください。 Backlog開発チームの藤田です。突然ですが「図、描いてますか?」 続きを読む»»