外出先でも簡単プロジェクト管理!スマートフォンでBacklogを使おう

こんにちは!Backlogサポートチームのマドカンです。

プロジェクト管理をするときに、このような気持ちになったことはありませんか?

  • 移動中にプロジェクトの進捗をさらりと確認したい
  • 通知に一言コメントしたいけどパソコンを開くのが面倒
  • 外出先でもプロジェクトに関するドキュメントをサクっと見たい

本記事では、移動や外出が多いあなたにぴったりな、モバイルアプリ版Backlogを活用したプロジェクト管理方法についてご紹介します!

(※本文内のイメージはすべてiOS版Backlogとなります)

スマートフォンから課題を確認する

ウェブブラウザー版Backlogと同様に、モバイルアプリのBacklogからも課題の内容を見たり、編集したりできます。新たに課題を登録することも可能です。

自分が担当している課題と登録した課題をタブで切り替えて表示できます。

さらに、課題をタップすると、課題の詳細欄が表示されます。

左が自分が担当している課題一覧で、右は課題の詳細欄左が自分が担当している課題一覧で、右は課題の詳細欄

スマートフォンからコメントを確認・返信する

もちろん、モバイルアプリはコメントの確認や返信にも対応しています。

プロジェクトメンバーからのコメントは、お手持ちのスマートフォンにプッシュ通知され、即座に内容を確認できます。もらったコメントに対して返信することもできます。

Backlogのモバイルアプリは、まさに「いつでも・どこからでも」なスピーディなコミュニケーションを実現します。

課題に関するお知らせは左画面のようにプッシュ通知され、アプリ内では通知バッヂがつく課題に関するお知らせは左画面のようにプッシュ通知され、アプリ内では通知バッヂがつく

モバイルアプリ版Backlogを無料で試す
iOSはこちら / Androidはこちら

ウォッチ機能でスマートフォンから課題確認を効率化!

スマートフォンでの課題管理をもっと便利にする「ウォッチ機能」を試してみましょう。

ウォッチ機能は、気になる課題の進捗を見守れるブックマークのような機能です。ウォッチしている課題に変更があると赤いバッジでお知らせします。

ウォッチ機能はスマートフォンからも使えます。ブラウザー版のBacklogで気になる課題をあらかじめウォッチしておくと、外出先のスマートフォンから課題に更新があったか効率的に確認できます。

メニューの「その他」からウォッチ機能を参照できる。ウェブブラウザー版と同様に自分のメモを残せるメニューの「その他」からウォッチ機能を参照できる。ウェブブラウザー版と同様に自分のメモを残せる

スマートフォンからWikiを参照する

スマートフォンのBacklogではWikiを参照することもできます。

作業のルール、議事録、プロジェクトの概要などを外出先で「ちょっと確認したい」ときに、Wikiにまとめた情報を確認しましょう。

Wikiをいつでもどこからでも参照できるWikiをいつでもどこからでも参照できる

関連記事:多忙な声優「ほたかける」のBacklogモバイルアプリを使ったタスク管理術!

スペースの切り替えも簡単に

もし複数のスペースを持っている場合、モバイルアプリからでもスペースの切り替えが簡単にできます。

タップするだけでプロジェクトを簡単に切り替えできるタップするだけでプロジェクトを簡単に切り替えできる

まとめ

Backlogモバイルアプリを活用したプロジェクト管理のご紹介でした。

余談ですが、筆者は家事をすることが多いです。Backlogのモバイルアプリを使えば、家事のスキマ時間でスマートフォンからコメントを確認して、返信するといったライフハックもできます。「パソコンを開く」という作業は意外と心理的な負担が大きいので、スマートフォンでサクッと確認できるのは便利だと思います。

みなさんも自分のライフスタイルに合わせて、ウェブブラウザー版のBacklogとモバイルアプリ版のBacklogを使い分けても良いかもしれません。

より楽しくて心地良いプロジェクト管理の仕方をぜひ模索してみてくださいね。

モバイルアプリ版Backlogを無料で試してみませんか?

iOSはこちら / Androidはこちら

 

▼モバイルアプリ版Backlogの活用に関する記事はこちら

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル