Backlog 小技集: 短いURL

こんにちわ。そろそろ夏が終わるので寂しい林です。

Backlog には様々な便利機能がありますが、意外とその機能があることに気づかれていないユーザさんもいらっしゃいます。そこで、そういった小さな便利機能を Backlog 小技集として、シリーズでご紹介します。

第2回目は「短いURL」についてご紹介いたします。

検索条件の短いURL

とあるマイルストーンの未対応の課題について打ち合わせをしたいということ、よくあるのではないでしょうか?

そういう場合、検索条件のURL(課題の検索をしたあとの検索結果画面のURL ) を送ることで、みんなが同じ課題の一覧を見ることができます。

ただ、以下のようにすごく長いURLになってしまいます。

実は6月から短いURLで検索結果を共有することができるようになりました。

一度検索をした後に、検索エリアの右上にある「この条件の短いURLを取得」ボタンを押します。すると短いURLが表示されますのでそれをコピーして使います。

shortUrl

 

ちなみにまとめて操作画面にも「この条件の短いURLを取得」ボタンがあります。

issueShortUrl

URLが長いと思わぬところで切れてしまったり、場所をとってしまったり、なにかと不便ですよね。これからはこの短いURLをお使いください。

Wikiの短いURL

WikiのURLを人に送ることもよくあることだと思います。

普通に画面のURLをコピーすると、タイトルが日本語のWikiなどは以下のようにURLがごちゃごちゃして長くなってしまいます。

こちらも6月から短いURLが簡単に使えるようになりました。

Wikiのタイトルの横にコピーボタンがあり、これをクリックすると短いURLがクリップボードにコピーされます。あとはペーストして使うだけです。

wikiShortUrl

ちなみに短いURLは以下のようなものになります。

すっきりしましたね!

共有ファイルの短いURL

同じく共有ファイルにも短いURLがあります。

ファイルの画面の左上にフォルダ階層を表示している部分がありますが、ここにコピーボタンが配置されています。

fileShrtUrl

 

 

今回の小技はいかがでしたか? また1ヶ月後くらいに何か小技をご紹介させて頂きますね。

それでは皆様、BBQや海やプールなど、残り少ない夏を満喫してください( ^ ▽ ^ )ノ

今後とも Backlog をよろしくお願い致します!

前回のBacklog小技集はこちら

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル