プロジェクトマネジメントの祭典 Backlog World 2019 申し込み受付開始! #BacklogWorld

BacklogのユーザーグループJBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)が2019年1月26日(土)に主催するプロジェクトマネジメントの祭典「Backlog World 2019」が、イベントサイトから参加申し込みの受付を開始しました!現在、12月中のお申し込みに限って適用となる「早割Ticket(¥1,000)」をご案内中です。

「Backlog World 2019」チケット購入はこちらのURLよりアクセスいただけます。

今年のテーマは「プロジェクトマネジメント×働き方改革」

Backlog World 2019」のテーマは、「プロジェクトマネジメント×働き方改革」。プロジェクトマネジメントの知見を高め、生産性向上につながる仕事に対する考え方を得ることにより、仕事だけでなく生活そのものを豊かにすることができる−−これこそが「働き方改革」と言えるのではないでしょうか。
プロジェクトマネージャーの方だけでなく、ご家庭を含めた仕事に関わる全ての人が「プロジェクトマネジメント」の思考に触れることにより、私たちはよりよい生活を送ることができるはず。

そんな思いを込め、「Backlog World 2019」では、昨年以上に多彩なバックグラウンドのスピーカー陣による講演を中心として、(株)ヌーラボ主催のコンテンツ「Good Project Award 2018」、開発者向けの「Backlog APIもくもく勉強会」「Gitハンズオン」などの内容を準備しています。プロジェクトマネージャーの方や開発者の方はもちろん、チームではたらくすべての方に足をお運びいただければ幸いです。

「Backlog World 2019」チケット購入はこちらのURLよりアクセスいただけます。

スピーカーやスポンサー、「Good Project Award 2018」のエントリーも募集中です!

年に一度の祭典「Backlog World 2019」に登壇やスポンサードしてみませんか?現在、セッション一般公募枠(30分)や、より気軽にご参加いただけるLT公募枠(5-10分)を募集しています。いずれも、プロジェクトマネジメントに関するお話しを期待しています。

【テーマ例】

下記のようなテーマを想定していますが、他のテーマでも問題ありません。多くのご応募をお待ちしております。

<プロジェクトマネジメント全般>

  •  多人数のプロジェクトマネジメントを行った実例
  • プロジェクトマネジメント成功談、失敗談(どう乗り越えたかなど)
  • 「次」に繋がるプロジェクトの終わらせ方
  • プロジェクトマネジメント初心者向け!何からすればいい? など

<働き方関連>

  • APIを用いたツール連携による効率化
  • ルールを徹底して働き方が変化したベストプラクティス
  • 未来予測、日本の働き方はどう変わる?
  • 「自分たちのチームらしい働き方」の実践例 など

<Backlog関連>

  • 非エンジニアのBacklog利用実例、またはBacklog利用促進のための工夫
  • Backlogを社内の抵抗にあいながらも苦労して導入した話
  • Backlogを使っていて楽しくなるとき
  • Backlogで社外の人とコミュニケーションを取る上での秘訣

<コミュニケーション関連>

  • チームのコミュニケーションルール大公開!
  • コミュニケーションロスがもたらすプロジェクト成功への弊害
  • 多拠点、多国籍チームのコミュニケーションの工夫 など

また、2018年のもっとも素晴らしいプロジェクトを表彰するアワードイベント「Good Project Award 2018」へのエントリーやスポンサー企業様やなどを募集しています。下のリンク先へアクセスの上、ご応募お待ちしております。

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしております!

日本のプロジェクトマネジメントの祭典「Backlog World 2019」に参加して、一緒に日本の「はたらく」をプロジェクトマネジメントから前進させませんか?多くの方とお会いできることを楽しみにしております!

「Backlog World 2019」チケット購入はこちらのURLよりアクセスいただけます。

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル