iOS版モバイルアプリで画像を簡単に貼り付けできるようになりました

前回の画像表示サポートに引き続き、今回のリリースから Backlog for iOS で画像を添付した際に、ウェブブラウザ版と同様にイメージ記法が自動で挿入されるようになりました。

これまで、課題の詳細やコメントにイメージ記法を入力するためには、少し手間がかかっていました。イメージ記法の入力に必要な「画像ファイル名」を知るために画像をアップロードした後にコメントでファイル名を確認するという手順を踏んだり、記法を覚えて手動で入力したりしなければなりませんでした。

今回のリリースからは、画像を添付した際にはイメージ記法が自動で挿入されるようになりました。

ファイル、写真、カメラのいずれの場合からでも画像を添付しようとした場合には、テキストボックスの現在のカーソル位置に、イメージ記法が自動で挿入されます。画像を添付したいときは、ただ画像を選択するだけでよくなり、非常に簡単になりました。

今回のリリース内容は以上です。今日も楽しいBacklogライフを!

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル