iOSモバイル版Backlogの課題の表示をシンプルにする機能をリリースしました!優先度、マイルストーン、発生バージョンを任意で非表示に

モバイル版Backlog(iOS)の「優先度、マイルストーン、発生バージョン」を非表示にして、課題をシンプルに表示できるようにしました。「モバイルの画面に表示される課題項目を減らしたい」「いつも利用しない項目は非表示にしたい」という方はぜひお試しください。

ブラウザ版Backlogでも優先度、マイルストーン、発生バージョンを非表示にできます。

Backlogの課題の表示をモバイルでシンプルにする方法

モバイル版Backlog課題の表示をシンプルにする方法はとても簡単です。

  1. 非表示設定したいプロジェクトで「プロジェクトの設定」を選択
  2. 「優先度、マイルストーン、発生バージョンを使用する」を無効にして「保存」する
    ※項目を表示したい場合は「優先度、マイルストーン、発生バージョンを使用する」を有効にします

 

左:「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」を非表示にした場合 右:「優先度」「マイルストーン」「発生バージョン」を表示した場合

過去のデータは保存され、いつでも復元可能

もともと使用していた項目を非表示にする場合でも、過去に登録したマイルストーンや発生バージョンの情報などの項目にひもづくデータは保存されます。

なので、非表示から表示に変更したい場合でも、以前のデータをそのまま復元できます。

 

Backlogモバイルアプリは、ブラウザ版Backlogのように操作性が快適になるように日々改善していますので、これを機会にぜひお試しください。

移動時や外出先でもBacklog

今なら無料で使えるBacklogモバイルアプリ

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル