Good Project Award 2019 ピッチコンテスト出場者が決定しました! #BacklogWorld

去年に引き続き、ヌーラボが表彰する「Good Project Award 2019」へのエントリー募集に対して、今年もたくさんのご応募ありがとうございました。

応募内容をもとに社内にて一次審査を行い、その結果、特に素晴らしいプロジェクトとして、優秀賞の5組が決定したのでお知らせいたします。

以下の5組の皆様には、2019年1月26日(土)に開催される「Backlog World 2019」内のピッチコンテストにてプロジェクトの内容を発表していただきます。同日、来場者の皆様と審査員により最も素晴らしいプロジェクトを選出し、最優秀賞として表彰いたします。

優秀賞に選ばれたプロジェクトの皆様

団体名の五十音順に発表します。


部署の枠組みを超える!!「お客様目線」の製品開発

株式会社あしたのチーム 伊藤郁 様

自社製品の開発で、開発者と営業、サポートなど全社員250名を巻き込んで課題の進捗を共有したプロジェクトです。職種を超え、ビジョンを共有してとても多くのメンバーでコラボレーションしている点が評価されました。活動による効果で生じた社員の意識の変化についてのお話も楽しみです。


良き出会いを最大限に、手間を最小限にした話

ウォンテッドリー株式会社 越石翔子 様

利用者が一番工数をかけている部分をアンケート調査し、サービスの機能追加をするのではなくRPAを使って自動化ツールを高速に開発したプロジェクトです。ユーザーのニーズを客観的にとらえて最速で解決策を提供する点が評価されました。IT系の仕事をされている来場者にとってかなり参考になるのではないかと思われます。


 2ヶ月で3種類の文化が混ざる会社がビジョンとバリューを作ったプロジェクト

Classi株式会社 三戸圭子 様

タイトルを見ただけで明らかに難しそうです。そして直接的な利益を得るためのプロジェクトではなく、自分たちが将来に渡って進んでいくための「ビジョンとバリュー」を作るという内容も評価されました。プロジェクトの進め方からも、プロジェクト自体の内容からも、有用な知見が共有されることを期待しています。


縫製工場向け案件管理システム『マイオペレーター』

シタテル株式会社 田仲麻衣 様

PCやインターネットに不慣れな縫製工場の工員さんに使ってもらうシステムを、きめ細やかなコミュニケーションをしながら開発したというプロジェクトです。UIの工夫、導入前後の説明やサポートなど、実践的な内容が多く含まれることや導入後にしっかり根付いているところが評価されました。


パワーママプロジェクト

パワーママプロジェクト 佐藤裕美 様

「パワーママ=周りにパワーを与えられるワーママ」のロールモデルをシェアしてよりHappyに仕事と育児をする女性を増やす活動についてのお話です。活動自体の意義と、ミッションへの熱意を核にITを活用して活動している点が評価されました。運営メンバーのみなさんが本業をしながら成果をだしているコラボレーションの方法についての知見が期待されます。


当日お待ちしております!

Backlog World 2019 当日のピッチコンテストでは各10分ずつの発表の後、

  • プロジェクトの目標の高さ、問題の難易度
  • チームメンバー全員のプロジェクト目標に対する意欲
  • プロジェクトの目標、計画、現在の状況をメンバー全員が共有する仕組み
  • チーム外部の利害関係者との情報共有の仕組み
  • プロジェクト進行中のメンバーの行動の素晴らしさ
  • 目標達成による効果の素晴らしさ

を観点として、来場者の皆さんによるリアルタイム投票と、審査員による審査が行われます。お楽しみに!

お得な前売りチケットはこちらから購入できます。

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル