IntelliJからBacklogを開けるプラグイン「Backlog Git Page」をリリースしました!

皆さんこんにちは。あまり訓練されていないIntelliJユーザーの金です。本記事では、IntelliJから該当のgitのBacklogのリポジトリブラウザとプルリクエスト作成画面をひらける「Backlog Git Page」というIntelliJプラグインをご紹介します。

IntelliJからBacklogを使えるプラグイン「Backlog Git Page」

以前、弊社の「よく訓練されたIntelliJ IDEA信者の中村」が Backlog3分クッキング ~ Gitのファイルをお手軽に確認!~ という記事で、git-browse-remoteを利用して、IntelliJから該当のgitのBacklogのリポジトリブラウザを開く方法をご紹介しました。

それを受けて、以下のようなIntelliJのプラグインを作成してみました。

Backlog Git Page

Backlog Git Pageプラグインの機能とは

機能は以下の2つで、いずれもIntelliJ IDEAエディター内で右クリックするとメニューが出てきます。

  • Open on Backlog
  • Create PullRequest

各機能の説明は以下のとおりです。

Open on Backlog

Open on Backlogはエディターに表示されているファイルのgit情報を元に自動的にBacklogのリポジトリブラウザを開きます。

複数行選択に対応していますが、Backlogのリポジトリじゃない場合はただ空振りします。メッセージは吐きません。

Create PullRequest

Create PullRequestは、エディターが表示しているファイルのgit情報を元に、Backlog上でのプルリクエスト作成画面を開きます。

デフォルトでmasterブランチに向けたプルリクとなりますので登録時にマージ先を適宜変更してください。

Backlog Git Pageのまとめ

あまり訓練されていないので深く考えず手元のIntelliJ IDEAで使えるようにと作ったのですが、Android StudioやPHP StormなどJetBrainの他エディターでも同じように使えるようです。

インストールはIntelliJの設定→プラグインの画面で「backlog git」などで検索すると表示されますのでお試しください。

紹介は以上です、ではよいBacklogライフを。

■ Backlogの外部サービス連携に関する記事はこちら

Backlog3分クッキング ~ Gitのファイルをお手軽に確認!~
ついに登場!Backlogのインテグレーションページを公開しました
Backlogのプルリクエストのレビュー待ちをTypetalkボットでお知らせしよう!

Backlogバナーリンク

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル