Backlog World 2019始動!スタッフの募集が始まりました! #JBUG

こんにちは!コミュニティマネージャーのMeggyです。今日はBacklogユーザーのみなさまに大ニュースです。

プロジェクト管理に関わる全ての方のための祭典 Backlog World 、一緒に企画・運営しませんか?

2018年2月18日に行われた、プロジェクト管理に関わる全ての方のための祭典 Backlog World。 2019年も開催したいと考えてます。今回、Backlog World 2019は、プロジェクト管理ツール”Backlog”を運営する(株)ヌーラボではなく、BacklogのユーザーグループJBUG(Japan Backlog User Group)が主催することになりました。

そこで、JBUG運営リーダーのジョージさんを実行委員長とし、Backlog World 2019を一緒に運営するスタッフ募集を開始します!まずは、7月31日(火)夜に、Googleハングアウトを繋いでのキックオフミーティングが計画されています。色々な方々にスタッフとして参加していただき、Backlog World 2019をを盛り上げていきたいなと思っています。リモートでの参加も可能で、JBUGのイベントに過去参加したことがない方でも全く問題ないそうです。イベントページからの参加ご登録をお待ちしています!

Backlog World 2019 運営委員長 / 永野 英二  (合同会社01wave , Office EN)

福岡県久留米市出身。事務所は福岡市中央区大名に置いている。 金融系の営業とSIerを経て、インフラエンジニアへ。 メイン事業としてネットワークやサーバーの設計と構築を行う「Office EN」の屋号で、海外(アメリカ・ヨーロッパ圏)案件でプロジェクトマネージャーとして携わっている。 また、地元の小規模事業主の方のウェブを含めたIT全般のシステム導入や運用アドバイスも行なっている。 2018年6月に601worksのメンバーとオリジナルプロダクトを開発するために、合同会社01wave(ゼロワンウェーブ)を設立しCEOに就任。

Backlog Worldって何だ?

2018年2月18日(日)、代官山の CARATO71 にて行われたのが、「プロジェクト管理に関わる全ての方のための祭典」と冠したヌーラボ主催のイベント、 Backlog World です。 「プロジェクト管理」をキーワードにして、さまざまな立場の方によるセッションや、2017年もっとも素晴らしいプロジェクトを表彰する「Good Project Award」、 Backlog の中の人によるハンズオンも可能なヌーラボコンシェルジュなどを行いました。

一般のご参加者に加え、セッションにご登壇いただいた方やメディアの方、スポンサーの方、 Good Project Award ピッチ出場者などなど、約200名が集結。Twitterのハッシュタグ「#BacklogWorld」は、東京で1位・日本全体で2位というレコードを出すことができたそうです。 この盛り上がりを受け、今年もBacklog Worldを行いたいと思っています。 2019年のBacklog Worldは、主催のバトンを「(株)ヌーラボ」から「JBUG」へと受け渡し、ユーザー主導でのイベントへと姿を変えます。コンテンツや開催場所、時期などもこれから決めていきます。 プロジェクト管理について学べるイベントを一緒に盛り上げてくださればと思います。

運営メンバー参加申し込みはこちら

運営メンバーへの参加申し込みは、イベントページから行えます。ご登録をお待ちしています!

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル