子どもの夏休みの宿題にも応用できる!プロジェクト・タスク管理テクニック

夏休みがある小学校時代に帰りたい中村です、こんにちは。8月も終わりということで、子どもたちの夏休みも終わりに近づいてますね。毎日の日記を夏休み最終日にまとめて慌てて書くことになっている子どももいるのではないでしょうか。

本記事では、子どもの夏休みの宿題にも応用できる、プロジェクト・タスク管理テクニックについて紹介したいと思います。

宿題に気が乗らないときの対応方法

宿題、それは子どもにとって、この世で一番憂鬱なものの1つですよね。「何で宿題をしないといけないの?(訳:宿題なんてしたくないよ😣)」というのは、子どもから一度は受ける質問だと思います。

宿題の意義や是非についてここで述べることはしませんが、気が乗らない場合にもどうにかやってもらうためには、以下のような対応が考えられるでしょうか。

  1. 何もしない(気が乗らないまま着手する など)
  2. やらなかった場合のペナルティをイメージさせる(先生に怒られるよ など)
  3. 別のご褒美で釣る(終わったらゲームして良いよ など)
  4. 楽しみながらやれる仕組みを作る

「1. 何もしない」もしくは「2. ペナルティをイメージさせる」というのは、よくあるパターンではないでしょうか。ただし、これらはやりたくないというマイナスの感情をそのまま持ち込むので、本人のモチベーションが上がらずにだらだらしてしまうことも多々あります。

「3. 別のご褒美でつる」というパターンもありますね。前者よりは宿題を終わらせようというポジティブな感情は出てきますが、別のご褒美もどんどんエスカレートしていくこともあり、少し考えもの。

というわけで、最後の「4. 楽しみながらやれる仕組みを作る」というのが一番良さそうです。方向性は色々考えられますが、1つはやっている・やった宿題を目に見えやすくする仕組みがあげられます。子どもは大人より目に見えないものを扱うことが難しいときがあるので、見えやすくするというのはより効果的です。

やっている・やった宿題を見えやすくするアイデア

ここでは、粒度に応じたアイデアを3つ紹介します。

  • 全体:宿題の進捗状況を「バーンダウンチャート」で見える化
  • 一日単位:やらなければいけない宿題を「タスクボード(カンバン)」にプロット
  • 宿題単位:1つひとつの宿題をタイマーで区切ってリズム良く(ポモドーロテクニックを参考に)

全体:宿題の進捗状況を「バーンダウンチャート」で見える化

夏休みの宿題が普段と違うのは、1ヶ月以上と期間が長いことでしょうか。期間が長いとだらだらしてしまい、最終的に遅れがちになる現象は「学生症候群」という名称で知られています。

納期のある作業を行う際に、余裕時間があればあるほど、実際に作業を開始する時期を遅らせてしまうという、多くの人間に見られる心理的行動特性のこと。

http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0612/06/news107.html – 学生症候群(がくせいしょうこうぐん)

(なお、学生症候群を軽減するために、一度に夏休み分全部の宿題を出すのではなく、登校日ごとに小分けして宿題を出す学校もあるようですね)

学生症候群を避けるための1つの方法に、バーンダウンチャートがあります。「宿題を終わらせるためには、この日までにここまで終わっていなければならない」というペースが掴みやすいので、夏休みという長丁場でも日々のペースを見失わずに宿題に取り掛かりやすくなります。

ある社員が、バーンダウンチャートで宿題の進捗状況を把握している実例

1日単位:やらなければいけない宿題を「タスクボード(カンバン)」にプロット

1日中休みになると、やるべき宿題が多くなります。朝起きてラジオ体操してから、ひまわりに水をやって、音読や算数ドリルをやって、毎日の日記を書いて、ときには自由工作をやって・・・と、やることが多くて何をしないといけないかを忘れがちになります。

こういうときは、タスクボードですね。やるべき宿題を全部書き出して、TODO / Doing / Doneのレーンに分割します。やった宿題は、どんどんDoneに移動していきましょう。

タスクボードを作るには、ホワイトボードが家庭にあればベストですが、ない家庭の方が多いでしょう。マグネットを含めて、冷蔵庫を有効活用している家庭もあるようです。

冷蔵庫にマグネット付のメモを貼ることも

宿題単位:1つひとつの宿題をタイマーで区切ってリズム良く「ポモドーロテクニック」

このアイデアは、保護者面談で先生から教えてもらったアイデアです。

「宿題やお手伝いをやってても、飽きてすぐ別のことを始めちゃうし、なかなかぱっと終わらないんです。どうすれば良いでしょうか?」という質問を先生にしたら、「子どもにとっては、〇〇までにやろうね、といってもなかなか難しい。なので、タイマーや砂時計などを使って、これが終わるまでにやってみようね、という声かけはありだと思います」というアドバイスをもらいました。

良さそうだなと思って、さっそくキッチンタイマーを導入してみています。タイマーよりは、砂時計の方が残り時間がどれぐらいかが視覚的に見えやすくて良さそうな気はしてますので、機会があったら試してみようかと思っています。

一つ一つの宿題をタイマーで区切って、リズムよく


さて、ここでは子どもの宿題に対するプロジェクト・タスクマネジメントとして紹介してきました。ただ、気分が乗らない仕事でも楽しくやる仕組みを作る必要性や、それらを実現するアイデアなど、大枠の考えは我々大人にとっても当てはまるものでしょう。うまく取り入れていきたいですね。

なお、さも良い感じにやっているかのように書いていますが全然うまく実践できておらず、まさに「言うは易く行うは難し」というのを実感しています。今年はもう夏休みが終わるので、来年頑張ってみようと思ってます・・・。

30日間無料でお使いいただけます。

80万人に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル