”かゆいところに手が届くアップデート”第3弾をお届けします

こんにちは、Backlog開発チームです。いつもBacklogをご利用いただきありがとうございます。

Backlogの開発チームでは”かゆいところに手が届くアップデート月間”と称して、後回しになりがちだった小さい機能改善をぎゅっと凝縮し、数週間にわたってリリースしています。

第1弾第2弾に引き続き第3弾となる今回も、”かゆいところに手が届くアップデート”のリリースをお知らせします。

今回の”かゆいところに手が届くアップデート”

今回は6つのアップデートを行いました。いただいていた要望とともにご紹介します。

ガントチャート上で課題の「状態」が変更できるように

🥺ご要望:ガントチャートの画面で課題の状態を変更したい
ガントチャート上にある「編集する」ボタンを押すと担当者と開始日・期限日をまとめて変更できますが、状態も変更したいです。課題をひとつずつ開いて状態を変更することもできますが、操作に手間がかかります。

✨変更できるようになりました!
「編集する」ボタンを押すと状態も変更できるようにしました。状態を変更して「編集を反映」ボタンをクリックすると変更が反映されます。これにより、ガントチャートに表示されている課題の状態をまとめて変更できるようになりました。

開始日と期限日が未設定の課題を検索できるように

🥺ご要望:開始日や期限日が未設定の課題を見つけたい
すべての課題に開始日と期限日が設定されていて、漏れがないことを確認したいです。

✨検索できるようになりました!
プロジェクトホーム画面左のナビゲーションから「課題」をクリックします。「シンプルな検索」から「高度な検索」に切り替え、開始日と期限日の横にある「未設定」というチェックボックスにチェックを入れて検索してください。日付が未設定の課題が抽出されます。

重なったマイルストーン名の確認がしやすく

🥺ご要望:ガントチャートのマイルストーン名が重なって見えない
プロジェクトのマイルストーンの終了日が近いと、マイルストーン名が別のマイルストーン名に重なってしまって見えません。たくさんマイルストーンを登録しても表示できるようにして欲しいです。

✨改善しました!
マイルストーンの旗アイコンにカーソルをあわせると、マイルストーン名を表示するようになりました。表示が重なりあってしまっているときでも、正確なマイルストーン名が確認できます。

ユーザー招待時に制限も一緒に設定できるように

🥺ご要望:新しいユーザー招待をする時に、ユーザーの設定を完了してしまいたい!
ユーザーを招待した後、ユーザーの制限を編集したい場合には再度ユーザー設定画面で制限の設定をしなければならず、手間がかかります。

✨できるようになりました!
招待する画面で権限と同時に制限をつけることができるようになりました。


※クラシックプランのご利用環境では「制限」機能が存在しないため、このアップデートは適用されません。
(詳しくはこちら)

プルリクエストのファイル差分表示でコードの選択が容易に

🥺ご要望: プルリクのファイル差分表示でコードのコピーがしづらい!
プルリクのファイル差分画面でコードをコピーしようとしたら、選択範囲が差分表示の右側にも左側にも延びてしまいました…。せっかく分割表示なのに、対象のコードを直感的に選択できないのは不便です。

✨できるようになりました!
ファイル差分の表示で複数行にわたってテキストを選択すると、以下のキャプチャのように両サイドをまとめて選択してしまっていましたが、左側、右側それぞれを選択できるようになりました。

▼改善前
複数行にわたって選択しようとすると、分割表示の両側が選択されてしまっていました。

▼改善後
対象の差分表示の中だけで選択できるようになりました。

ファイル差分表示のエリアを開いたままにできるようなりました

🥺ご要望: ファイル差分を確認してから他の画面に行って戻ってくると、ファイル差分の表示がすべて閉じられてしまいます。毎回「どのファイルを見てたんだっけ…?」って迷子になるんです。開いたままにしておくことってできないでしょうか?

✨できるようになりました!
プルリクエストのファイルの表示を展開して画面遷移しても、戻ったときに開いた状態を保持できるようになりました。もちろん、閉じてあったファイルの表示は、閉じたままです。

左側が閉じた状態、右側が開いた状態。リロード後も直前の開閉状態を保持します

まだまだがんばっていきます!

第3回”かゆいところに手が届くアップデート”をお届けしました。気に入った機能はありましたか?

2週続けて行ったアップデートに対しても「これが欲しかった!」「かゆいところに手が届いた!」といったフィードバックをいただき、開発チーム一同の励みになっています。

次回も皆様が「かゆいところに手が届いたな〜」と思ってくださるようなアップデートを計画していますので、どうぞお楽しみに。

引き続きBacklogをよろしくお願いします。

チームではたらく、すべての人のプロジェクト管理ツール

Backlog Logo