Backlogで使用しているセレクトボックスの操作を改善しました

Backlogのさまざまな箇所で使われているセレクトボックスや日付入力について、3つの操作性を向上する改善を行いました!

セレクトボックスに選択解除機能を追加

以前のバージョンでは空欄の選択肢をクリックすることで、選択中の選択肢の解除を行っていました。

今回のアップデートでは選択肢解除ボタンが追加され、セレクトボックスを開かずに選択を解除できるようになりました。

単一の選択肢を選択するセレクトボックスの選択解除

単一の選択肢を選択するセレクトボックスでは、「×」ボタンを追加しています。「×」ボタンを押下することで選択が解除されます。

「×」ボタンが追加

またこのリリースにともないセレクトボックスのふるまいを統一する目的で、課題検索やボードの画面など「すべて」の項目が削除されている箇所があります。

下記のように選択肢が選択されていない状態が、「すべて」の選択肢を選択時と同様になります。

「すべて」の選択肢 → 選択肢が選択されていない状態

複数の選択肢を選択するセレクトボックスの選択解除

複数の選択肢を選択するセレクトボックスでは、「選択解除」ボタンを追加しています。

「選択解除」ボタンを押下することで選択中の選択肢がすべて解除されます。

「選択解除」ボタンが追加

カレンダー日付入力のクリア

カレンダー日付入力には、「×」ボタンが追加されています。

「×」ボタンを押下することで、入力されている日付がクリアされます。

カレンダー日付入力には「×」ボタンが追加

以前までは日付を入力された後に空欄に戻す場合、入力されたテキストをBackspace等で消さなければなりませんでしたが、「×」ボタンのワンクリックで空欄に戻せるようになりました。

セレクトボックスにキーワードフィルタを追加

選択肢のキーワードフィルタを、複数の選択肢を選択するセレクトボックスにも追加しました。

以前のバージョンでは単一の選択肢を選択するセレクトボックスでのみ対応していたキーワードフィルタですが、今回のアップデートで複数の選択肢を選択するセレクトボックスでも使えるようになりました。

複数の選択肢を選択するセレクトボックスにキーワードフィルタ

まとめて課題操作の複数選択時に「変更しない」ボタンを追加

以前のバージョンでは、まとめて課題操作のマイルストーンやカテゴリーなどの編集項目を複数選択に切り替えてしまうと、「変更しない」の状態に戻せませんでした。

今回のアップデートでは、これらの編集項目で複数選択に切り替え時に「変更しない」ボタンを追加し、「変更しない」の状態に戻せるよう修正しました。

「変更しない」ボタンが追加

終わりに

私たち開発チームは、Backlogの操作性が快適になるように日々改善しています。もしご意見・ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル