Backlogリリース:メンション機能のリリースに先駆けて、クラシックプランでユーザIDを変更できるようになりました!

Backlogのクラシックプランユーザーのみなさまに向けてお知らせです!BacklogのユーザIDが変更できるようになりました。2020年9月上旬リリースを予定しているメンション機能で通知相手を指名するときに必要になるため、ぜひこのタイミングでメンバーが識別しやすいユーザIDへ変更しましょう!

これまではクラシックプランのユーザーに設定されているユーザIDは、ユーザー招待時に設定した後に変更できませんでしたが、メンション機能の告知ブログで予告した通り、メンション機能のリリースに先駆けてユーザIDを変更できるようになりました。

本ブログではユーザIDの変更方法とメンション機能での使い道について解説します。

※クラシックプラン以外のユーザーは以前から変更可能です。

ユーザIDの変更方法

クラシックプランのユーザーIDは個人設定の「ユーザー情報」から確認できますクラシックプランのユーザーIDは個人設定の「ユーザー情報」から確認できます

クラシックプランのユーザIDはBacklogの個人設定ページの「ユーザー情報」から変更できます。

ユーザIDは同じスペースで重複していなければ、自由に設定できます。

ユーザIDの使い道

ユーザIDは9月上旬にリリース予定のメンション機能で通知相手を指名するときの「名前」として利用します。

※通知相手をリストで選択するときの絞り込みでは、ユーザID以外(ハンドルネーム、ユーザー名)も使えます

またメンション機能のリリースに先駆けて、来週以降、通知相手を指定する現在のリストにも表示されるようになります。

本日のお知らせは以上です。メンション機能は現在鋭意開発中ですので、リリースまでもうしばらくお待ちください!

それでは今日も楽しいBacklogライフを!

タスク管理、ファイル共有もできるプロジェクト管理ツールBacklog

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル