Backlogリリース:プロジェクトホームの表示を改善して、課題の状態の内訳や進行状況を見やすくしました!

Backlogのプロジェクトホーム右側の「課題の状態の内訳」や「バーンダウンチャート」などの各項目の視認性を改善し、課題の状態の内訳や進行状況を見やすくしました!

改善内容の詳細をお届けします。

プロジェクトホームの表示を改善

今回のリリースによる変更点は以下の通りです。

  • 課題の状態内訳の幅を大きく広げて見やすくしました
  • 表示順を見直し、プロジェクト全体の課題の内訳を確認しやすくしました
  • 進捗度表記を(完了した課題数/全体の課題数) から % 表記に変更して、一目で理解しやすくしました

今回改善した課題の状態の内訳を表示する項目は、プロジェクトの進行状況を大まかに把握するのに便利な機能です。

例えば、「レビュー待ち」状態の課題が多く、「完了」状態の課題が少ないことに早い段階で気付ければ、チェック体制を改善してプロジェクト進行を健全化できるかもしれません。

 

今回のリリースは以上です。Backlogでは先日リリースしたカンバンボード機能と同様に、プロジェクトの状況が見渡しやすくなるような改善を続けていきたいと考えています。

それでは、今日も楽しいBacklogライフを!

タスク管理、ファイル共有もできるプロジェクト管理ツールBacklog

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル