Backlogエンタープライズからのお知らせ:LDAP署名を有効にしたときのエンタープライズ版への影響について

Backlogエンタープライズのお客様に「LDAP署名の有効化」についての大切なお知らせです。

マイクロソフト社が「Active Directoryに対するLDAPチャネルバインディングとLDAP署名を2020年後半のWindows Updateで有効化する」について発表しました。

BacklogエンタープライズはLDAP署名に対応していないため、有効にするとActive Directory連携ユーザーはBacklogへログインできなくなります。

本記事ではLDAP署名を有効にしたいエンタープライズユーザー様に向けた、暫定回避策をお届けいたします

対象のお客様

Backlog の認証に Active Directory 連携をご利用いただいているお客様

対象のエディションとバージョン

スタンダードおよびプロフェッショナルの全てのバージョン

暫定回避策

現状では以下のいずれかの対応が必要となります。

  1. マイクロソフト社よりアナウンスされる設定変更方法に従って、Active Directory 側でLDAP署名を無効にする
  2. Windows Updateを自動更新から手動更新に変更し、当該Windows Updateの自動適用を回避する
  3. Backlogの認証方法を 「Active Directory認証」から「Backlog認証」に変更する

上記3 の回避方法をご希望のお客様はお問い合わせフォームよりお願いいたします。

今後について

LDAPチャネルバインディングとLDAP署名に対応し次第、お客様にアナウンスする予定です。

参考情報

ADV190023 | LDAPチャネルバインディングとLDAP署名を有効にするためのマイクロソフトガイダンス
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/adv190023

30日間無料でお使いいただけます。

100万人以上に愛用されているBacklogを今すぐ試してみませんか?クレジットカードは不要です。

無料トライアル