チュートリアル2 リポジトリの共有 クローンしたリポジトリからプッシュする

複製して作ったローカルリポジトリからもプッシュをしてみましょう。

お使いのパソコンの環境を選んでください。

Mac

tutorial2での作業

まずは、前のページで複製してきたリポジトリのディレクトリ内にあるsample.txtに、太字部分の内容を追加してからコミットしてください。

サルでもわかるGitコマンド
add 変更をインデックスに登録する

tutorial2での作業

ローカルリポジトリのコミットが一つ先に進みました。

tutorial2での作業

次に、このコミットをプッシュします。ツールバーの「プッシュ」をクリックしてください。

tutorial2での作業

次の画面が表示されるので、masterのチェックボックスが選択されているのを確認して「OK」ボタンをクリックします。

tutorial2での作業

リモートリポジトリを表す「origin/master」のコミットも進みました。

Note
一度コミットの位置についておさらいしてみましょう。
  • origin/master
    リモートリポジトリ「origin」のブランチ「master」の位置を表しています。
  • origin/HEAD
    リモートリポジトリ「origin」をクローンした時にダウンロードされるコミットの位置を表しています。
    通常「origin/master」と同じ位置を指します。
  • master
    ローカルリポジトリのブランチ「master」の位置を表しています。
ブランチについては発展編で詳しく説明します。

BacklogのGitのページを開いてください。最近の更新に今プッシュしたコミットが追加されています。

Windows

tutorial2での作業

まずは、前のページで複製してきたリポジトリのディレクトリ内にあるsample.txtに、太字部分の内容を追加してからコミットしてください。

サルでもわかるGitコマンド
add 変更をインデックスに登録する

tutorial2での作業

ローカルリポジトリのコミットが一つ先に進みました。

tutorial2での作業

次に、このコミットをプッシュします。「tutorial2」ディレクトリを右クリックして、「プッシュ」をクリックしてください。

tutorial2での作業

次の画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

tutorial2での作業

次の画面が表示されてプッシュが始まります。成功と表示されれば成功です。「クローズ」ボタンをクリックして画面を閉じてください。

tutorial2での作業

右クリックメニューの「TortoiseGit」> 「ログを表示」をクリックしてください。リモートリポジトリを表す「origin/master」のコミットも進みました。

Note
一度コミットの位置についておさらいしてみましょう。
  • origin/master
    リモートリポジトリ「origin」のブランチ「master」の位置を表しています。
  • origin/HEAD
    リモートリポジトリ「origin」をクローンした時にダウンロードされるコミットの位置を表しています。
    通常「origin/master」と同じ位置を指します。
  • master
    ローカルリポジトリのブランチ「master」の位置を表しています。
ブランチについては発展編で詳しく説明します。

BacklogのGitのページを開いてください。最近の更新に今プッシュしたコミットが追加されています。

コンソール

tutorial2での作業

まずは、前のページで複製してきたリポジトリのディレクトリ内にあるsample.txtに、太字部分の内容を追加してからコミットしてください。

サルでもわかるGitコマンド
add 変更をインデックスに登録する
$ git add sample.txt
$ git commit -m "addの説明を追加"
[master 1ef5c8c] addの説明を追加
1 files changed, 1 insertions(+), 1 deletions(-)

tutorial2での作業

次に、この変更をプッシュしてリモートリポジトリを更新します。

クローンしたリポジトリでは、pushのパラメータのorigin masterは省略できます。

$ git push
Username: <メールアドレス>
Password: <パスワード>
Counting objects: 5, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 351 bytes, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://nulab.backlog.jp/git/BLG/tutorial.git
486789c..1ef5c8c master -> master

BacklogのGitのページを開いてください。最近の更新に今プッシュしたコミットが追加されています。

Dreamweaver CC

tutorial2での作業

まずは、前のページで複製してきたリポジトリのディレクトリ内にあるsample.htmlのbodyタグの中に、下記の内容を追加してからコミットしてください。

add 変更をインデックスに登録する

tutorial2での作業

ローカルリポジトリのコミットが一つ先に進みました。

tutorial2での作業

次に、このコミットをプッシュします。「Gitウインドウ」の「プッシュ」をクリックしてください。

tutorial2での作業

「Git Pushウインドウ」が開きます。「ユーザー名」「パスワード」を求められます。Backlogのユーザ名(メールアドレス)とパスワードを入力します。「OK」ボタンをクリックします。

tutorial2での作業

プッシュが成功すると、「Git応答」画面にその詳細が表示されます。

Note
一度コミットの位置についておさらいしてみましょう。
  • origin/master
    リモートリポジトリ「origin」のブランチ「master」の位置を表しています。
  • origin/HEAD
    リモートリポジトリ「origin」をクローンした時にダウンロードされるコミットの位置を表しています。
    通常「origin/master」と同じ位置を指します。
  • master
    ローカルリポジトリのブランチ「master」の位置を表しています。
ブランチについては発展編で詳しく説明します。

tutorial2での作業

プBacklogのGitのページを開いてください。最近の更新に今プッシュしたコミットが追加されています。