このページのいちばん上です このページの本文へ

1 システム要件

本ドキュメントは Backlog スタンダード 最新版がインストールされており、 その環境はBacklog スタンダード インストールガイド システム要件 を満たしている事を前提とします。

2 バックアップ

2.1 バックアップ

以下の一点についてバックアップを定期的に取得することをおすすめします。

  • データベースのダンプ

データベースのダンプについて、MySQLの場合は mysqldump、PostgreSQLの場合はpg_dumpなどが利用可能です。

3 インストール後の再設定

3.1 通知メールの送信元メールアドレスの変更

Backlogから送信されるメールの送信元メールアドレスには、 課題の登録などを実行した人のメールアドレスを使用しています。
そのため、送信元メールアドレスと実際に送信したドメインが異なる場合があり、メール受信サーバーによっては、なりすましやスパムと判定される場合があります。

送信元メールアドレスを変更することで、これを防止できます。
設定方法は以下です。

3.1.1 Tomcat を停止します

Tomcat を停止してください。

3.1.2 ご希望の送信元メールアドレスを設定します

以下のファイルを開いてください。

  • <Tomcatのインストールディレクトリ>/webapps/backlog/WEB-INF/classes/env.properties

以下の項目に送信元メールアドレスを指定してください。

例)
mail.notificationsAddressFormat=notifications@backlog.jp

3.1.3 Tomcatを起動します

Tomcat を起動してください。

3.1.4 オプション設定

次のように送信元メールアドレスに送信者IDを含めて、送信者ごとに一意にすることもできます。
[notifications@backlog.jp] -> [notifications-21@backlog.jp]
送信元メールアドレスが固定の場合、Gmailでは同一送信先からのメールと判定され、送信者名が一人だけしか表示されなくなります。
送信者名をスレッド上に表示させるには、以下の手順で送信元メールアドレスを設定し直してください。

送信者IDを埋め込みたい箇所に %d を指定してください。

例)
mail.notificationsAddressFormat=notifications-%d@backlog.jp
実際の送信元メールアドレスの例)
notifications-21@backlog.jp

修正した後は、Tomcat を再起動させてください。これで、アクションを行ったユーザー一人一人の名前が Gmail の受信トレイ上に表示されます。

3.2 検索エンジンのクロールの制御

この設定により、Google などの検索エンジンが Backlogのログイン画面およびiCal以外の画面を不必要にクロールしなくなります。
ログイン画面はクロールされますが、 METAタグに noindex を指定しているため、各検索エンジンの検索インデックスに登録されることはありません。

3.2.1 robots.txt を配置します

以下の内容をコピーして robots.txt という名前で保存し、ホストの最上位ディレクトリに配置してください。
ファイルの配置場所については、Googleのサイトを参考にしてください。

User-Agent: Googlebot
Allow: /backlog/ical/
Allow: /$
Allow: /backlog/LoginDisplay.action$
Disallow: /

User-agent: *
Allow: /$
Allow: /backlog/LoginDisplay.action$
Disallow: /

4 自動対話式モード

インストール、アップデートは基本対話式で実行されますが、自動対話式で実行することも可能です。

4.1 インストール時

4.1.1 自動対話式用の設定ファイルのテンプレートをコピーします

インストーラには std-init-interactive.properties.template というファイルが含まれています。
このテンプレートファイルをコピーしてください。コピー先のファイル名は任意で構いません。
以下の例では、コピー先のファイル名を std-init-interactive.properties として説明します。

cp std-init-interactive.properties.template std-init-interactive.properties

4.1.2 設定値を修正します

コピーしたファイルを開いて、設定値を適宜修正してください。
設定が必須の項目には説明欄に
# 【必須】
と記載されています。それ以外は、未設定でも構いませんがデフォルト値が使われます。
詳細はファイルに記載されている説明欄をご確認ください。
行の先頭の「#」はコメント行を表します。設定を有効にするには先頭の「#」を削除してください。
また、行の途中で「#」と記述してもコメントとして扱われません。設定を無効にしたい場合は行の先頭に「#」と記述してください。

4.1.3 保存したファイルを -i で指定して、インストーラーを実行します

インストールガイドの 4.5 インストーラーの起動 で、-i を指定してください。

java -jar backlog-installer.jar -i std-init-interactive.properties

4.2 アップデート時

4.2.1 自動対話式用の設定ファイルのテンプレートをコピーします

アップデーターには std-update-interactive.properties.template というファイルが含まれています。
このテンプレートファイルをコピーしてください。コピー先のファイル名は任意で構いません。
以下の例では、コピー先のファイル名を std-init-interactive.properties として説明します。

cp std-update-interactive.properties.template std-update-interactive.properties

4.2.2 設定値を修正します

4.1.2 インストールと同様にコピーしたファイルを開いて、設定値を適宜修正してください。

4.2.3 保存したファイルを -i で指定して、アップデーターを実行します

アップデートガイドの 3.3 アップデーターの起動 で、-i を指定してください。

java -jar backlog-updater.jar -i std-update-interactive.properties
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hatは米国およびその他の国におけるRed Hat, Incの登録商標または商標です。
  • MySQLとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • その他記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

改訂履歴

2018-10-15

  • 「3.2 検索エンジンのクロールの制御」項を追加しました。
  • 2018-10-05

    • 改訂履歴を本ドキュメントに追加しました。
    • 改訂履歴欄の追加に伴い、本ドキュメントの更新日時欄を削除しました。
    • 「1 システム要件」項で、「Backlog スタンダード (1.10.4) がインストールされており」を「Backlog スタンダード 最新版がインストールされており」に文言を変更しました。