このページのいちばん上です このページの本文へ

1 システム要件

Backlog プロフェッショナル インストールガイド システム要件 をご確認ください。

サーバーにホスト名をつけられる場合は、/etc/hosts にそのホスト名を設定してください。
ホスト名を<ホスト名>とした場合の設定例:127.0.0.1 <ホスト名> localhost.localdomain localhost

2 Java のフォント設定

Backlog プロフェッショナル インストールガイド Java のフォント設定 をご確認ください。
( アップデートの場合、通常はすでに設定済みです )

3 追加パッケージのインストール

Backlog プロフェッショナル インストールガイド 追加パッケージのインストール をご確認ください。

4 アップデート

次の手順でBacklogをアップデートします。

  • Backlogパッケージ(RPMファイル)をダウンロードします。
  • データベースドライバーをダウンロードします。(MySQLを使用する場合のみ)
  • 現在のBacklogを停止します。
  • RPMコマンドによりBacklogを更新インストールします。
  • アップデーターを起動し、質問に答えて先に進めます。
  • Backlogを起動します。

4.1 Backlogプロフェッショナルのダウンロード

下記ダウンロードサイトにアクセスします。
https://backlog.com/ja/enterprise/customer/download

画面:ダウンロード画面

ダウンロードするRPMファイルは4つあり、ご使用のOSによってRPMファイルが異ります。

4.1.1 Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (i386) の場合

  • backlog-app-1.10.13-01.el6.noarch.rpm
  • backlog-www-1.10.13-01.el6.i386.rpm
  • backlog-git-1.10.12-01.el6.i386.rpm
  • backlog-api-1.10.11-01.el6.noarch.rpm

4.1.2 Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (x86_64) の場合

  • backlog-app-1.10.13-01.el6.noarch.rpm
  • backlog-www-1.10.13-01.el6.x86_64.rpm
  • backlog-git-1.10.12-01.el6.x86_64.rpm
  • backlog-api-1.10.11-01.el6.noarch.rpm

4.1.3 Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合

  • backlog-app-1.10.13-01.el7.noarch.rpm
  • backlog-www-1.10.13-01.el7.x86_64.rpm
  • backlog-git-1.10.12-01.el7.x86_64.rpm
  • backlog-api-1.10.11-01.el7.noarch.rpm

4.2 データベースドライバーのダウンロード (MySQLの場合のみ)

データベースにMySQLを使用している場合、データベースドライバーをダウンロードする必要があります。下記URLのダウンロードサイトより「Platform Independent (Architecture Independent), Compressed TAR Archive」の最新バージョンをダウンロードし、展開します。

バージョン 5.1 をご利用ください。バージョン 8 では Backlog が動作しません。

http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/

画面:MySQLドライバのダウンロードサイト

展開したファイルの「mysql-connector-java-5.1.X-bin.jar」を、Backlogパッケージをダウンロードしたディレクトリにコピーしてください。

  • 例 (/tmp/backlog でアップデート作業する場合)
# tar zxfv mysql-connector-java-5.1.42.tar.gz
# cp mysql-connector-java-5.1.42/mysql-connector-java-5.1.42-bin.jar /tmp/backlog/

4.3 Backlogを停止

次のコマンドを実行し停止します。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 の場合
    # service backlog-api stop
    # service backlog-git stop
    # service backlog-www stop
    # service backlog-app stop
  • Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合
    # systemctl stop backlog.target

4.4 Backlogを更新インストール

次のコマンドを実行し更新インストールします。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (i386) の場合

    更新が必要なRPMファイルのみ、次のコマンドを実行してください。

    # rpm -Uvh backlog-app-1.10.13-01.el6.noarch.rpm
    # rpm -Uvh backlog-www-1.10.13-01.el6.i386.rpm
    # rpm -Uvh backlog-git-1.10.12-01.el6.i386.rpm
    # rpm -Uvh backlog-api-1.10.11-01.el6.noarch.rpm
  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 (x86_64) の場合

    更新が必要なRPMファイルのみ、次のコマンドを実行してください。

    # rpm -Uvh backlog-app-1.10.13-01.el6.noarch.rpm
    # rpm -Uvh backlog-www-1.10.13-01.el6.x86_64.rpm
    # rpm -Uvh backlog-git-1.10.12-01.el6.x86_64.rpm
    # rpm -Uvh backlog-api-1.10.11-01.el6.noarch.rpm
  • Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合

    更新が必要なRPMファイルのみ、次のコマンドを実行してください。

    # rpm -Uvh backlog-app-1.10.13-01.el7.noarch.rpm
    # rpm -Uvh backlog-www-1.10.13-01.el7.x86_64.rpm
    # rpm -Uvh backlog-git-1.10.12-01.el7.x86_64.rpm
    # rpm -Uvh backlog-api-1.10.11-01.el7.noarch.rpm

なお、Backlog管理下のファイルを修正していた場合、更新インストールした際に下記のようにrpmnewファイルが作成されることがあります。 /opt/backlog/scripts/env ファイルについては、続く アップデーターの起動 で自動的に更新されるので、手動で修正はしないでください。 その他のファイルについては、rpmnewファイルを前提としつつ、アップデーター実行後に手動で既存のファイル内で修正していた内容を適宜反映してください。

#    2:backlog-www            警告: /opt/backlog/httpd/conf/ssl.conf は /opt/backlog/httpd/conf/ssl.conf.rpmnew として作成されました。

1.10.0 以前から 1.10.1 以降にアップデートされる場合は、特に rpmnew ファイルが作成される可能性が高いです。 Apache HTTP Server のバージョンアップに伴い、その設定ファイルに多くの差分が出るためです。
Backlog プロフェッショナル 1.10.1 アップデートガイド を参考に 設定ファイルのマージをおこなってください。

4.5 アップデーターの起動

Backlogパッケージ(RPMファイル)に同封しているアップデーターを使用して、Backlogアプリケーションのアップデートを行います。 下記コマンドを実行し、アップデーターの起動を行ってください。

※ 必ず事前にデータ領域やデータベースのバックアップを行ってください ※

※ 1.4.0 以前 (2011年7月11日以前) のバージョンをご利用のお客様が、最新バージョンにアップデートする場合、
  追加でデータベースの変更作業が必要です。お手数ですが詳細は support-ja@backlog.com までご連絡ください。

# /opt/backlog/bin/update.sh
アップデートを実行すると、ウエブアプリケーションとデータベースが変更されます。
Backlogの停止とデータベースのバックアップを確認してください。
アップデートの準備はよろしいですか?
( y<はい> / n<いいえ> )

問題なければ、"y"を入力し、Enterキーを押して、アップデート処理を始めてください。

======================================================================
   Backlog Professional updater
   ____             _    _
   |  _ \           | |  | |
   | |_) | __ _  ___| | _| | ___   __ _
   |  _ < / _` |/ __| |/ / |/ _ \ / _` |
   | |_) | (_| | (__|   <| | (_) | (_| |
   |____/ \__,_|\___|_|\_\_|\___/ \__, |
                                   __/ |
                                  |___/

                                         [https://backlog.com/ja/]
======================================================================

バックログのアップデートを開始します。


次の設定内容でアップデートを行います。

Backlog URL       [http://192.168.0.87:8969]
SMTPサーバホスト    [localhost]
データベース        [PostgreSQL]
  サーバホスト      [localhost]
  ポート番号        [5432]
  ユーザ           [backlog]
  パスワード        [backlog]

よろしいですか?
( y<続ける> / n<やめる> )
  • 現在インストールされているBacklogの設定確認が行われ「y<続ける>」を選択することでアップデートが行われます。
  • 「n<やめる>」を選択した場合は、アップデートを中止します。

4.5.1 テーブルの変更

今回のアップデートでデータベースの変更が必要な場合、データベースに対する変更処理を行います。

データベースでMySQLを使用している場合は、JDBCドライバの選択を行います。

使用するJDBCドライバーを選択してください。
1:mysql-connector-java-5.1.42.jar

カレントディレクトリに置かれた、mysql-connector-java-XXX.jarを選択対象として表示します。

データベースの接続検証後、テーブルの変更を行います。

テーブルの変更を開始します  終了
テーブルの変更が終了しました。

 終了
正常にアップデートが完了しました。

引き続き Backlogをご利用ください。

アップデート完了メッセージが表示されBacklogのアップデートが完了します。

5 Backlogの起動

Backlogは以下のコマンドで起動します。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 の場合
    # service backlog-app start
    # service backlog-www start
    # service backlog-git start
    # service backlog-api start
  • Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合
    # systemctl start backlog.target

なお、初回起動時は検索インデックスの再構築作業を行いますので、環境によってはアクセスに時間がかかる場合があります。

6 アップデートがおわったら

運用に関する情報を、運用ガイドでご確認ください。

  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hatは米国およびその他の国におけるRed Hat, Incの登録商標または商標です。
  • MySQLとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • その他記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

改訂履歴

2020-03-19

  • バージョン 1.10.13 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.13-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.13-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.13 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.13-01.el6.i386.rpm、backlog-www-1.10.13-01.el6.x86_64.rpm および backlog-www-1.10.13-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。

2020-02-05

  • バージョン 1.10.12 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.12-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.12-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.12 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-git-1.10.12-01.el6.i386.rpm、backlog-git-1.10.12-01.el6.x86_64.rpm および backlog-git-1.10.12-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。

2019-10-31

  • バージョン 1.10.11 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.11-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.11-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.11 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-api-1.10.11-01.el6.noarch.rpm および backlog-api-1.10.11-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.11 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.11-01.el6.i386.rpm、backlog-www-1.10.11-01.el6.x86_64.rpm および backlog-www-1.10.11-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.11 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-git-1.10.11-01.el6.i386.rpm、backlog-git-1.10.11-01.el6.x86_64.rpm および backlog-git-1.10.11-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。

2019-08-19

  • バージョン 1.10.10-02 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.10-02.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.10-02.el7.noarch.rpm に変更しました。

2019-06-13

  • バージョン 1.10.10 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.10-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.10-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.10 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.10-01.el6.i386.rpm、 backlog-www-1.10.10-01.el6.x86_64.rpm および backlog-www-1.10.10-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。

2019-04-16

  • バージョン 1.10.9 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.9-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.9-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.9 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.9-01.el6.i386.rpm、 backlog-www-1.10.9-01.el6.x86_64.rpm および backlog-www-1.10.9-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.9 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-api-1.10.9-01.el6.noarch.rpm および backlog-api-1.10.9-01.el7.noarch.rpm に変更しました。

2019-03-06

  • バージョン 1.10.8 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.8-01.el6.noarch.rpm および backlog-app-1.10.8-01.el7.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.8 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.8-01.el6.i386.rpm、 backlog-www-1.10.8-01.el6.x86_64.rpm および backlog-www-1.10.8-01.el7.x86_64.rpm に変更しました。

2019-01-22

  • バージョン 1.10.7 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.7-01.el6.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.7 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-api-1.10.7-01.el6.noarch.rpm に変更しました。
  • 「4.1 Backlogプロフェッショナルのダウンロード」項に、「4.1.3 Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合」 を追記しました。
  • 「4.3 Backlogを停止」項に「Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 の場合」という文言を加え、さらに「Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合」を追記しました。
  • 「4.4 Backlogを更新インストール」項に「Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合」を追記しました。
  • 「5 Backlogの起動」項に「Red Hat Enterprise Linux 6 server または CentOS 6 の場合」という文言を加え、さらに「Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 の場合」を追記しました。

2018-10-29

  • バージョン 1.10.6 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.6-01.el6.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.6 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-api-1.10.6-01.el6.noarch.rpm に変更しました。
  • バージョン 1.10.6 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-www-1.10.6-01.el6.i386.rpm および backlog-www-1.10.6-01.el6.x86_64.rpm に変更しました。
  • 「4 アップデート」項で、「アップデータ」という文言を「アップデーター」に変更しました。
  • 「4.4 Backlogを更新インストール」項で、RPMコマンドを各ファイル毎に行うように変更し、「更新が必要なRPMファイルのみ、次のコマンドを実行してください。」という注意書きを加えました。
  • 「4.4 Backlogを更新インストール」項で、「アップデータ」という文言を「アップデーター」に変更しました。

2018-10-05

  • 改訂履歴を本ドキュメントに追加しました。
  • バージョン 1.10.5 リリースに伴い、RPMファイル名を backlog-app-1.10.5-01.el6.noarch.rpm に変更しました。
  • 「4.2 データベースドライバーのダウンロード (MySQLの場合のみ) 」項で、作業ディレクトリ「/tmp/backlog-1.10.4」を「/tmp/backlog」に変更しました。
  • 「4.5 アップデーターの起動」項で、「※ 1.4.0 以前 (2011年7月11日以前) のバージョンをご利用のお客様が、1.10.4 にアップデートする場合、...」という注意書きを「...、最新バージョンにアップデートする場合、...」に変更しました。
  • 改訂履歴欄の追加に伴い、本ドキュメントの更新日時欄を削除しました。
  • アップデートに必要な手順ではなかったため、アップデート手順から「6 ライセンスキーの更新」を削除しました。
  • 「7 アップデートがおわったら」項を「6 アップデートがおわったら」項に変更しました。