プロジェクトのデータを別のスペースに移行できますか?

プロジェクトの移行ツールがあります。次のような場面でご利用ください。

  • 課題や Wiki、添付ファイルを移行したいとき
  • 大きなプロジェクトを複数のプロジェクトに分けたいとき
  • 複数のプロジェクトを1つのプロジェクトにまとめたいとき

共有ファイル、Subversion、Git、プルリクエスト、プロジェクト設定などはこのツールで移行できません。

移行を行う場合は次の要件と移行の方法、注意点の項目を事前に確認いただいた上で操作をはじめてください。

要件

必須要件

  • Java 8 実行環境
  • Java の実行可能 jar ファイルを実行できる
  • コマンドラインで簡単なコマンドを実行できる
  • 移行先のスペースの管理者である
  • 移行元のスペースの管理者、もしくは移行元プロジェクトのプロジェクト管理者である

任意要件

  • Backlog API の課題一覧の取得のクエリパラメータを作ることができる

    一部の課題・Wikiのみを移行したいときに必要になります

移行の方法

ダウンロードサイトから最新のマニュアルをダウンロードし、マニュアルの手順にしたがって移行をお試しください。

もし複数のプロジェクトをひとつにまとめる場合、移行に失敗すると元の状態にもどすことができません。
事前に新規に作成したプロジェクトでテストを行い、お客様の責任で移行を行ってください。

注意点

別スペースに移行する場合の注意点

別スペースへの移行の場合、移行先のスペースのプランより移行元のスペースのプランが上位の場合、ユーザー数・添付ファイルの数やファイルサイズに制限があり、移行に失敗する場合があります。

以下の項目を事前にご確認の上、それぞれが制限内におさまっていることを確認してから実行してください。

クラシックプランから新プランへ移行する場合の注意点

マニュアルの「3. マッピングファイルの修正」箇所の記載内容について補足します。

「新プラン」の環境ですと、ユーザID ではなく、初期化の init コマンドを実行した際に生成される user.json ファイル内の「description」の値を参考に設定してください。

移行データの持ち出しについて

データの移行については、移行元スペースと移行先スペースの所有者様の間で協議いただくようお願いしております。

ヌーラボは、ヌーラボ利用規約にもありますようにデータの持ち出しによるユーザ間の問題につきまして弊社は関与いたしません。

あらかじめご了承ください。

一覧に戻る