Backlogはクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、Cookieポリシー に記載されているCookieの使用に同意するものとします。

お問い合わせの管理はBacklog におまかせ!

日々大量に届くお問い合せメールをBacklog が自動的に課題に登録していきます。

こんなことでお困りではありませんか?

お問い合わせフォームからの問い合わせに気がつかず、対応漏れが発生してしまう。

日々たくさん届くメールの中に、緊急の対応が必要なお問い合せメールを取りこぼしていてヒヤッとしたりしたことはありませんか?

お問い合わせごとの担当者や進捗状況が共有できない。

メールベースでの管理だと、誰が対応したのか、今どのような状態なのか、把握できずにスムーズなサポート体制が取れなくてお困りではありませんか?

Backlog で問い合わせの取りこぼしをふせぎ、進捗をスッキリ、担当者をハッキリと

Backlog の「メールで課題を登録」機能は、Backlog から割り振られるメールアドレスを、お問い合せフォームの転送先に設定するだけで、送られてくるお問い合せメールを自動的に課題として登録していきます。
また、担当者、期限、カテゴリー等を割り振って課題に登録するので、プロジェクトメンバー全員でお客さまサポートの状況、進捗の情報を共有することができ、対応の取りこぼし防止やサポート業務をスムーズに行うお手伝いをします。

Backlog で問い合わせの取りこぼしをふせぎ、進捗をスッキリ、担当者をハッキリと

メールで課題を Backlog に登録するための手順はこちら。

  • Backlog にサインアップします。

    まだ Backlog をお使いでいない方は www.backlog.com からサインアップしてください。 Backlog は無料でお試しいただけます

  • プロジェクトを作成します。

    すでに Backlog をお使いの方は既存のプロジェクトにも設定できます。

  • メールによる課題追加のための設定を行います。

    プロジェクト設定 → メールによる課題登録 → 課題登録用メールアドレスの追加より設定を行います。課題登録時の担当者やお知らせしたいユーザなども細かく設定することができます。
    ※ 管理者のみ設定が可能です。

    メールによる課題追加のための設定を行います。

  • お問い合わせフォームの転送先にメールアドレスを追加します。

    設定時に割り当てられた、課題登録用のメールアドレスを、お問い合せフォームの転送先へ設定してください。

    お問い合わせフォームの転送先にメールアドレスを追加します。

さあ!今日からお問い合せサポート業務をスムーズに!