Subversionの概要

Subversion(サブバージョン)はプログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムの一つです。
プロジェクト毎に以下のいずれかに設定することができます。

Subversionを使用しない

このプロジェクトではSubversionを使用しない場合に設定します。画面上部の「Subversion」タブも表示されなくなります。

Backlogのサーバ上にリポジトリを作成し使用する

リポジトリのURLは「https://[スペースID].backlog.[jp/com]/svn/[プロジェクトキー]」となります。

※[ ]内の値は、スペースへアクセスする際の情報を確認し、適宜変更してください。

例) https://demo.backlog.jp/svn/DORA/

このSubversionリポジトリにはBacklogアカウントまたはヌーラボアカウントの情報で接続が可能です。
(※ご利用のプランとログイン方法により異なります。詳細はこちら

また、「個人設定の変更:プロジェクト毎のメール設定」で「コミットメールを受信する」設定にするとコミットの概要がメールで受信できます。

外部リポジトリを使用する(スタンダードプラン以上のみ)

社内にすでにSubversionリポジトリがあり、外部から httpまたはhttpsでアクセス可能なリポジトリを設定できます。
外部リポジトリのリビジョン情報やコミットログを閲覧することができます。

なお、外部リポジトリを使用する場合はネットワーク越しにリビジョン情報やファイルを取得するため、画面表示に非常に時間がかかる場合があります。

Backlogサーバ上のリポジトリへのアクセス、「Subversion」画面へのアクセスともに管理者と一般ユーザのみ可能です。
それ以外のレポーターやゲストユーザはアクセスできません。