2段階認証による制限(新プラン)

スペースの管理者は2段階認証を有効にしているユーザーのみスペースにアクセスできるように制限をかけることができます。
(クラシックプランを除く、プレミアムプラン、プラチナプランのみ)

適用される範囲:

  • スペースへのアクセス ※モバイルからのアクセスも含む
  • ファイル共有(WebDAV)へのアクセス
  • Subversionへのアクセス
  • GitへのHTTPアクセス
  • マイルストーンカレンダーの取り込み
  • RSSへのアクセス

適用されない範囲:

(Backlogにログインする際のメールアドレス/パスワードの入力以外の方法で、認証を行う部分は適用外となります。)

  • GitへのSSH接続
  • APIキーを使ったAPIアクセス
  • プライベートアドレスを使ったマイルストーンカレンダーの取り込み
  • 2段階認証時の専用パスワードを使った、ファイル共有、Git(HTTPS)、Subversion、RSS へのアクセス

詳しくは ※ この機能を有効にする前にをご確認ください。

※ この機能を有効にする前に

  • スペース内のユーザーに、2段階認証を有効にしないとアクセスできなくなる旨を周知してください。
  • 設定を有効にしたスペースへ、2段階認証を無効にしているユーザーがアクセスした場合は、2段階認証が必須な旨をお知らせする画面が表示され、2段階認証の有効化を促します。2段階認証の設定はこちら
  • 2段階認証設定後は、ファイル共有 / Subversion / Git(https) / RSS へ Basic認証でアクセスする際に、通常のパスワードはご利用できません。そのため専用パスワードを発行してください。専用パスワードは、「個人設定」→「2段階認証」から発行できます。なお、発行したパスワードは2段階認証の適用対象にはなりません。
  • BotやJenkinsからGitやSubversionをご利用されている場合も、上記の専用パスワードをご利用ください。また、Backlog API v2 をご利用の場合は、アクセスキーをご利用ください。