課題をつくるとき

Web制作の現場では

  • 見積を提示したあと、先方に了承をいただき提案や要件定義の課題を作成、それを親課題に設定することが多いですね。

  • 1ページ単位で課題作成して、進捗をコメントで追記しています。

  • webページ1枚につき1課題という形で使っていますよ。

    例えば
    • プロジェクト=サイトごと/外注1社(1名)ごとにひとつ
    • 種別=作業内容(新規ページ作成or既存改修or開発バグなど)
    • カテゴリ=デバイス別に設定

    といった感じで運用しています。

  • 営業のプロジェクトは営業部へ依頼、開発のプロジェクトは営業部から開発部への依頼。アサイン用のプロジェクトは個別に発生したプロジェクトをマイルストーンとして登録して運用しております。

    アサインプロジェクトでは、メインのプロジェクト名を親にして、タスクを子課題に追加するようにしていますね。

  • 原則、プロジェクト単位で課題を作成してます。

    親課題は、デザイン、コーディングなどの大項目を、子課題にページ単位や機能単位を作成してます。

  • 個々人がタスクとして思いついた時や、会議の際にやったほうがいいという話が出た際などに、登録するようにしています。

  • 案件ごとに親チケット切って、その中に下記のセットを切っていますね。
    [見積][構成][制作][QA][公開][検収]など、自動的にチケットを切るスクリプトなども社内で開発して使用してます。

  • 親子課題の使い方はこんな感じです。
    画面デザイン(親課題)
    └ 画面デザイン-HOME(子課題)

  • 案件発生時にまず、ディレクターがタスクを分解。
    親課題として登録し、そこに小課題を追加していきます。

  • 各部署から課題を作成してもらい、WEBチーム依頼専用のアカウントを1つ作成して、それで依頼を受けています。

    親子課題はディレクターが自分が見る範囲を管理しやすいように作成し、基本的にほとんどのタスクは小課題にして紐付けしています。

ページの先頭へ

システムの開発・運用の現場では

  • 新規案件受注時にプロジェクトを作って、担当プロジェクトリーダーが課題を登録しています。
    親課題は、部内で決められている項目とし、子課題は、自由に追加可能にしていますね。

  • タスク・不具合の発生時に発見者が起票し、担当者を指定しています。
    対策完了後に速やかに担当者が「完了」。

    1つの課題に複数の内容を記載しないように、関連する内容を親子課題に登録するようにしています。

  • 即日終わるようなものはTODO管理でまかなってBacklogで管理しないようにしています。 あとは、基本的に期日は必ず設定する、設定しないとBacklogのガントチャートに表示されないですから。

  • 新規タスク登録手順(SE兼プロジェクトマネージャ)
    • 見積り作成時にタスク、コスト、納期をExcelに洗い出し
    • マイルストーンを作成
    • ExcelをGoogle Docに貼り付けて一括取込み
  • 課題のデッドラインを期限とは別に設けて、課題の作業順や期限はデッドラインの範囲内で開発会社に自由に設定してもらっています。

  • 依頼事項や調査事項ができるたびに課題を立て、同じ項目で多数の会社が関連する場合は会社ごとに子課題にしています。件名の最初にカテゴリ分けできるように[ ]で囲んだカテゴリをルールにそってつけています。

  • どういう時に課題をつくるか
    • システムの不具合があったとき
    • ファイルを更新したとき
    • 新しい機能を追加したいとき
    • 決済がうまく行われなかったとき
  • 発注者・事業者側は課題を起案(電話でも会話したりします)

    ベンダー側担当者が複数社の場合は各社子課題を作成し、進行します。

ページの先頭へ

企業の情報システム部門の現場では

  • インシデントの発生報告を受けた情報システム部門メンバーが課題登録しています。

    • 種別項目は障害・要望・質問で分ける
    • カテゴリーはシステムごとに作成(ex.会計システム、人事システム、DWH etc)
  • どういうときに
    • 問い合せ発生時
    • プロジェクト発足時
    親子課題
    • マイルストーンを立てるまでもない関連タスクのまとめ
  • 課題作成のタイミング
    • インシデント発生
    • 質問事項
    • 諸連絡

    基本的にはこんな感じで、年次作業のように定期的な作業は親課題で件名のみ作成し、発生日時ごとに子課題として起票しています。

ページの先頭へ